しいたけファンに朗報「茸のまんま」はジワジワくる!

しいたけ。

椎茸。

シイタケ。

C-take。

結構好きな人多いんじゃないんでしょうか?




あの玄人好みのフォルムとジワジワ旨味が出てくる味がたまらないですよね。

ちなみ私の場合、
料理に入っている椎茸も大好きなんですが、素焼きにした椎茸に、醤油をちょこっと垂らして食べる時に昇天するほどの幸せを感じます。

そんな椎茸ラブの私ですが、椎茸感のないシチュエーションで、ムショーに食べたくなる時があるんです。

でもいくら好きとは言えカバンやポケットに椎茸を常備するほどアグレッシブな性格じゃないので、エブリタイム椎茸は諦めていましたが、何気なくチェックしたコンビニで見つけてしまいましたよ。

こちらです。

待ってました!味覚糖「茸のまんま」がやってくれた!

それは、何故かビタミンカラーやパステルカラーの爽やかな商品が並ぶ「キャンディ」コーナーに陳列されていました。

明らかに異彩を放っています。

パッケージデザインの良い悪いは別として、椎茸ラブの私にはこのデザインが強烈に刺さりました。

UHA味覚糖から発売されている「茸のまんま」シリーズの「しいたけ」。

メーカーのHPには

素材そのものを味わえるSozaiのまんまスナックです。サクサクとした食感と、しいたけのうま味たっぷりの味わいがお楽しみいただけます。

各種醤油やうどんつゆで有名な「鎌田醤油」の粉末つゆを使用しました。きのこの旨みを活かす香ばしい醤油味です。

その名の通り、椎茸そのものをサクサクのスナックに加工していつでもどこでも食べれるようにした椎茸ファン待望の商品です。

椎茸好きが夢にまでみた「エブリタイム椎茸」を叶えてくれる商品です。

早速食べてみる

いざ実食です。

見た目はこんな感じ。

こちらが断面。

当たり前だけど、
「そのまんましいたけ」です。

では、行ってみましょう。(パク)

…………?

…………?

!!!!

しいたけキタ!!!!!!
(この間7秒ほど)

口に入れた瞬間から「しいたけ感」が広がると思っていたので少し意外でしたが、これは噛んで噛んで、奥の方からようやくジワジワとしいたけ特有の「旨味」が出てくる感じ。

その旨味はまさに椎茸そのものです。

旨味が出てくる前は、この商品の売りでもある「鎌田醤油」の香ばしい風味が口の中に広がります。



んーーーー確かに椎茸。

なんだけど、、味付けのワザとらしさも若干感じる。。

そのまんまの割に結構いろんなもの入ってる

きっと椎茸を「そのまんま」スナック菓子にするのって技術的にも味覚的にも非常に難しいことだと思うんです。

その証拠に、結構いろんなものが入ってます。

原材料: しいたけ、水飴、植物油脂、醤油シーズニング(粉末醤油、食塩、粉糖、黒糖、発酵調味料、酵母エキスパウダー)、粉末つゆ(食塩、糖類(ぶどう糖、砂糖)、たん白加水分解物混合物、こんぶ粉末、粉末醤油、かつお節粉末、いわし節粉末、さば節粉末、植物油、あじ節粉末、香辛料)/調味料(アミノ酸等)、香料、着色料(カラメル)、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・さば・大豆・ゼラチンを含む)

味覚糖ホームページより引用

ちょっと引くくらいの原材料。
これ見る限り、あんまり「そのまんま」感はない。

味付けはもうちょい自然でもいいので、この溢れんばかりの原材料を減らせないもんかな??

豊富な食物繊維や低カロリーなのはそのまんま

原材料は多めですが、椎茸の特徴である、食物繊維も豊富に含まれています。この商品一袋で約3.4gなのでレタスほぼ1個分ほどですね。

カロリーは一袋で66kcal。おにぎり一個がだいたい179kcalなので割と少なめ。

まとめ

思わずパケ買いしてしまったこの商品。個人的な感想としては、「あとひといき」な感じ。鎌田醤油も美味しいんだけど、原材料を減らして、もうちょい素朴な味でもいいような気もする。

とはいえ、しいたけ特有のジワジワくる旨味はしっかり楽しめるし、スナック菓子としても普通に美味しいのは確かです。

価格はセブンイレブンで160円。内容量の割には少し高めですが、私のように、外出先で発作的にしいたけが食べたくなる方、一度は食べて見ることをお勧めしますよ。

では!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする