ゆとり世代に悟り世代?でも人間の本質はそう変わらない。

40を超えて、いよいよ若い世代との
感覚のズレが、ズレどころじゃなくなって
きてる。。

こんにちわ。ミスサタです。

広告会社で働く僕には、
数人の部下がいるんです。

部下つっても厳しい上下関係とかはなく、
良いのか悪いのか割とフランクな
関係なんです。
チームは4人構成で、僕以外は全員女子。

その中に、新卒入社の社会人3年目の子がいるんですが
いわゆる「さとり世代」と呼ばれる世代で、
美大を出て、デザイナー志望で入ってきたんですね。

考えるアイデアも面白いし
真面目に話も聞くし、
怠そうにしつつも仕事はするし。

でもね、たまに独創的すぎて
おじさんの思考回路じゃ追い付かないコトを
言うんです。

ファンタスティックすぎる遅刻の理由

ある出勤前の朝、
僕のLINEにこんなメッセージが届いたんです。

予想より早めに朝が来たので、
会社に遅れます。

自分のスマホ、何度見したでしょうか。

有りえない角度からやって来た
破壊力抜群の「遅刻理由」。

目を疑うとはこのことです。

予想より早めに朝が来た。って。。。

意味わからなすぎる。
40年生きてきて、
予想よりも早く、もしくは遅く朝が来たって
感覚を抱いたことがない自分の常識では
到底理解できないこの理由。

でも、これまで仕事を一緒にしてきて、
間違いはするけど、
決して嘘やズルをするタイプではないので、
その意味を電車の中でずっと考えてました。

でも、

全っ然わかんねぇ(笑)

深すぎる。。

でも、
遅刻とは言え、その理由があまりにも
斜め上を行っていたので、

「了解」。

とりあえずこう返事しときました。

さとり世代ってなんなの?

こう言う言動って、
「悟り世代だから」で片付けがちだけど、
そもそも、悟り世代ってなんなんだ?

道すがら、ちょっとウィキペディアで調べてみると…

1990年代生まれの世代で、
「さとり世代」の特徴としては「欲が無い」や「恋愛に興味が無い」や「旅行に行かない」などといった事柄が存在する。休日は自宅で過ごしていることが多く、「無駄遣いをしない」し「気の合わない人とは付き合わない」傾向が高い。さとり世代は物心ついたころには既にバブルが崩壊し経験が不況のみであり、インターネットを利用して育ってきていることから現実への知識が豊富で、無駄な努力や衝突は避け、大きな夢や高望みが無く、合理性を重視する傾向があるという。安くてそれなりに質のいいものを好み、コストパフォーマンスを重視する傾向がある。

欲がないか、、うん、なんとなく当てはまる。
だって、デザインコンペに参加させても、

作っても、結局私のデザイン選ばれないと思う。。

とか言うし。。
死んだ魚の目をしながら仕事をしてるし。。

まとめ:さとり世代とはこう向き合え

でもこの前、担当してもらった
とあるキャンペーンのビジュアルデザインが
彼女に案に決まったんです。

そしたら、これまで一度も見たことのない表情で
これまで一度も聞いたことがない会社中に響き渡る声で、

ヤッターーー!!って。

感情をモロにむき出しにしたんです。

クララが立ったくらいの衝撃でしたよ。

その時、僕は思いました。

〇〇世代、なんて言葉に引っ張られて
これまでだいぶ斜め上から彼女を見ていたんだなと。
嬉しいことは嬉しい。とちゃんと表現できるんだなと。
なんだかとっても嬉しくなっちゃいました。

と同時に、自然と「そういう目」で彼女を
見ていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。

○○世代っていう言葉なんて、
結局価値観の合わない世代に対して、
彼、彼女らよりもずっと上の世代が
都合よく一括りにしただけなんですね。。

こう向き合え、なんて偉そうなコト書きましたが、
向き合うコツなんかないんです。。

ただ、「そういう世代」との間に壁を
作っているのは、もしかしたら「自分かも」っていう
感覚を持つコト。
それと、どう思われようが、
アドバイスするときは、熱意を持って
ストレートに「まっすぐ伝える」コトが
大切なんだと思います。

自戒を込めて。。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました!

では!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする