U20W杯、15歳の久保選手が普通にプレー出来て感動すらした件

どーも、ミスサタです。

サッカーの20歳以下で行われる

U20W杯が韓国で開催されましたね。

この記事を書いている日は、U20日本代表の初戦(南アフリカ戦)。

結果は2-1で見事日本が勝った訳なんですが、

試合内容云々は置いておいて、

注目していたのは、15歳にしてメンバーに選ばれた

久保建英選手(くぼたけふさ FC東京U-18)がどんなプレーをしてくれるのか?

普通に15歳にしてメンバー入りなんて書きましたけど、

これ、とんでもないことですからね。

自分もわりと長いことサッカーやっていたから分かるんですが、

サッカーにおけるこの年代の年の差って本当に大きくて、

肉体的にも技術的にも年上のカテゴリーでプレーするのって

もの凄く大変なんです。

普通にプレーしてたらあっという間に潰されちゃう。

つまりプレーすらさせてくれない訳です。

並みの選手の場合は。

この試合、久保選手は0-1でリードされた後半からピッチに送り出されました。

まず試合に出れちゃってる時点でスゴいですからね。

日本の猛者が集うこのタレント揃いのチームで。しかも0-1と負けてる状況で。

普通にプレーして普通に目立ってる久保選手

投入されてから更に食い入ってテレビを見てましたが、

何ですかこの堂々たるプレーぶりは。

ちゃんとチームに馴染んじゃってるし。

そして当たり前のようにチャンスを演出しちゃってるし。

試合後に本人も語っていたように、細かいミスやボールロストは何回か

ありましたが、彼が投入されてから明らかにチームが機能し出したことに

感動すらしちゃいます。

ちなみに59分にピッチに送り出されてから、

72分には逆転ゴールをアシスト。

目に見える結果を出して、

2-1の逆転勝利にしっかり貢献しちゃうあたり、

彼が天才とか至宝とか呼ばれる所以。

久保選手はどこまで行くのだろうか?

試合後のコメント。

「思っていた通りレベルが高くて、個々の球際で圧倒される場面もあった」

「チーム一丸となって初戦を勝利で飾れたことは本当に大きいなと思っています」

「チームとしても個人としても、初戦のできはまずまずだったので、次はもう一個ギアを上げてしっかりと次のウルグアイ戦も勝って、第3戦目に余裕を持って臨めるようにしたい」

本当に15歳かな?

出来過ぎだわ。きっと頭もいいんだろうな。

個人の反省を入れながらも、

今後に向け、チームがすべきことにまで言及してる。

15歳の頃なんて、女子のことと部活帰りに食べるミニスナックゴールドのことしか

考えてなかったけどな。(比べるなっての)

調べるとやっぱり頭もいいみたいで、

彼がこのカテゴリーでプレーできているのも、

相手とコンタクトをしなくてもいいポジションでパスを受けられるから。

らしいんです。

つまり状況を一瞬にして読み取って

次の展開を予想して動けちゃうってことですね。

サッカーは技術や体力だけじゃなく、

戦術理解力や判断力が求められるスポーツですが、

彼は15歳にしてそれらの能力がもうズバ抜けて高い。

故にどれだけ年上のカテゴリーに入っても適応するどころか中心になっちゃう。

日本のいちサッカーファンとして、

久保くんには行けるところまで行っちゃってもらいたい。

元バルサで日本のメッシなんてメディアは煽るけど、

その地に足のついた考え方で、きっとビックプレーヤーになると確信しています。

とにかく怪我だけには気をつけてね、、(もはや親のような感覚)

15歳の頃とそれほど変わらないメンタリティの僕は

切にそう願うわけです。

ガンバレ久保くん。

では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする