デザインスキルに自信があるならランサーズに登録しよう

どーも、ミスサタです。

副業って、一昔前よりもだいぶ多様性が増して、
始めるハードルが下がった感じがしませんか?

そこで、広告デザインを生業にしている自分のようなものがそのスキルを
活かせる副業は無いものかとネットで検索すること5秒。

うん、すごくありますね。

ランサーズにクラウドワークスにミンネやクリーマやBASEで物販など。。。
なにやらすごい盛り上がりよう。

どこからともなく「いまさら?」なんて声が聞こえてきそうですが、、
食わず嫌いというかなんというか。。
ちょっと勝手に壁をつくちゃってたんですね。
でも!
勢いで始めたこのブログ同様、考える前にやっちまえってことで、

とりあえずランサーズにチャレンジ。

一応説明だけしておくと、、
ランサーズってのはクラウドソーシングを通して
個人と個人、法人と個人など「仕事の取引を提供する企業」なんですね。
登録をそそくさと済ませ(ちなみに登録めっちゃ簡単!)、
仕事を選ぶページへジャンプ。

半端じゃない案件数と半端じゃない提案の数!

システム開発とかweb・DTPデザイン、ライティングやネーミング開発などの
クリエイティブなものから、データ作成やテキスト入力のタスク案件まで、
まぁ~世の中には仕事ってこんなに溢れてるのねって思うくらいいろいろある。

早速デザイン制作のカテゴリにあった「ロゴ制作」をポチリ。

案件数スゴぉぉぉぉぉっ!!!!

そして、

提案の数ヤバっっっ!!!(※多いって意味で)

普段(広告会社)のデザインコンペではせいぜい多くて10社程。

まぁ規模も仕組みも違うので当然っちゃ当然なんだけど、
パッと見、金額の多い案件で100件以上の応募数!!!

※ちなみにロゴコンペの金額の幅は大体2万~10万ってとこでしょうか?

1/100の確立って、こりゃ超難関だわ。

戦う前から若干の戦意を失いつつある気持ちにびしばしムチ売って
めぼしい案件をいくつかチェック。
ランサーズは他の人の応募作品もみれちゃうので、
「このレベルならいけるかな?」とか「ここは猛者ぞろいだからやめとこ」みたいな
判断が可能なんですが、この案件の見極めが結構重要。

本業が商業デザイナーである自分の目から見て、こりゃ酷いな。
って提案も結構あったりする。
色々と案件をチェックした中で、イベント会社の新事業のロゴ、新しいレストランのロゴ、
とあるブログのタイトルロゴ、早速3つほど応募してみましたよ。

※結果は追って発表。

案件豊富なランサーズ、手数料がちと高い!

ランサーズのロゴコンペの場合、依頼者は募集を締め切ってから「21日以内」に
いずれかの案に決定し連絡をするという仕組み。

猛者中の猛者になると、コンペ勝利の実績900個!!!とかって人もいたりする。

900っていうと、、1案件2万としても、、2万×900=1800万ね。

ん?

センハッピャク?マン?

もう副業の域超えてるし。どのくらいの期間でかは知りませんが、
余裕で生計立てられそうじゃん。スゲーなランサーズ。
めでたく案が当選すれば即収入なので、非常にわかりやすいんだけど、

ランサーズの手数料、ちょっと高すぎやしませんか??

・ 金額が20万円超部分について・・・5%
・ 金額が10万円超~20万円以下の部分について・・・10%
・ 金額が10万円以下の部分について・・・20%

スキルを売りたい人に対してビジネスの場を設けてくれてるとは言え

これ、結構イタイなぁ~。
逆にすごく儲かってるんだろうな。この会社。
余談の余談だけど、ランサーズの社長はまだ30代、サラリーマン時代に
このビジネスモデルを思いつき、即行動に起こしたらしい。

優れたアイデアを出す人に行動力があればもう無敵ですね。

ランサーズやるなら楽天銀行を開設すべし。

私、早速開設しました。
だって楽天銀行じゃないと、
振込手数料として毎回500円が引かれちゃうんですよ。
タスク系の仕事なんかしてる人だと、この500円って金額は痛すぎですよね。

でも楽天銀行なら振込手数料が100円。ランサーズの振込は月2回あるので
その差はだいぶ大きいです。

まとめ

基本買い手市場なうえ、結局自分のスキルを切り売りして儲けるってことなので、
こればっかりだと疲弊しちゃうけど、自分のスキルに自信があって、副業ってカタチで
少し稼ぎたいって人には向いているかなぁ。

あと、「ネットでお金を稼ぐ」ってことに半信半疑(自分がそうでした)の人には
丁度いい入り口なんじゃないかな。

でも気づいたこともあって、素晴らしいデザインもある一方、
デザイン提案(特にロゴ)の中には、

「使い回しでしょコレ」って提案がものすごくたくさんあったり、、

どっかの会社のロゴに似てるものが採用になっていたり、、

大丈夫なの?って思うことも多々ありました。

ロゴ作って納品して、その会社が訴えられたなんて本っ当に笑えないから、
最低限のルールやモラルは遵守しないとね。

まぁ、1回でも勝ってから言えって話ですね。。

さ、これからがんばろっと。

おしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする