【大人のきのこの山】は美味しいだけじゃない。プロモーションも素晴らしい。

こんにちわ。
ミスサタです。

私、甘いものはあんまり得意じゃないんですが、
以前書いたこちらの記事同様、

酒好きに朗報。キリン メッツ ザ・ビターが美味すぎる!

など、「大人向け」を売りにしている商品を
見つけると、条件反射的に購入してしまう悪い癖があります。

で、またまたこういった商品を見つけてしまったわけです。




こちら。

明治製菓から発売されている
「大人のきのこの山」と「大人のたけのこの里」。

日本人なら説明は不要かと思いますが、
あの国民的超ロングセラーチョコスナックの「大人向け」の商品です。

期待が膨らみます。

ブラックを基調とした落ち着きのある
パッケージデザインが
「やってくれそう」な感じ。

大人ゴコロに火をつけられた私は早速購入。
仕事のアイデアがなかなか出ない平日のお昼すぎ、
脳に糖分を補給しようと食べてみました。

ネーミングに偽りなしな美味しさ。

見た目はこんな感じ。

オリジナルと比べると、
どこか大人の雰囲気をまとった佇まい。

特に全体的に渋くなった「たけのこの里」の大人感が
半端じゃない。これは楽しみ。

いざ実食

では、まずは「きのこの山」から。

パク…

モグ…モグ…

……やるわ。

これはやるわ。

大人だわ。

オリジナルよりもビターな
厳選カカオの二層式チョコと
プレッツェルに変更された
茎の部分がかなりイイ。

甘すぎないし、パクパクいけちゃう。
自分よりも大人の会社の先輩にあげたところ、

ウメェじゃねーか。だって。

これならリピートしちゃうかもとのこと。

きのこは大人だ。たけのこはどうだ?

続いてたけのこの里。

パク…

モグ…モグ…

……やるわ。

これもやるわ。

大人だわ。

こちも甘さ控えめなチョコと
オリジナルから変更になった
ココアクッキーのビターな味わいが
なんともオトナな感じ。

って、俺ってばほとんど同じ感想じゃん。。

勘の鋭い方なら、
私がさほどチョコの違いを語れないことに
お気づきだと思います。

結論として、
どちらもその名の通り、「大人」が
楽しめる心地よい甘味と少しの苦味を持った
美味しいチョコです。

普段よりちょっと良いチョコを楽しみたい。
ちょっぴりビターに浸りたい気分の時など、
このサイズと特別感はちょうどイイ。
大人の飲み物、
ブラックコーヒーとの相性も抜群ですよ。

どちらも、オリジナルと同価格(1箱198円)ですが、
それぞれ10gだけ内容量が少ないみたいです。




商品プロモーション動画は必見。

チョコの美味しさと同じくらい
本気でその素晴らしさ、面白さを伝えたいのが、
webで公開されているプロモーション動画。

こちら。

大人のきのこの山・大人のたけのこの里スペシャルサイト

「大人のチョコスナック6秒劇場『きの子と竹彦』」として
6秒の「昼ドラ」仕立ての動画が公開されています。

木野山きの子が、
「たけのこの里」派の竹里家に嫁入りし、
数々の出来事に襲われるという
昼ドラさながらの非常にドロドロした展開。
まさに「大人が好きそうな」演出になっています。

これが、全12話公開されています。

製作陣曰く、

ストーリーは、メインターゲットの主婦が気になるものでなければならないということで、『昼ドラ』の展開の中で商品を語ったのがこの企画です。昼ドラはよく愛憎劇だと言われますが、その要素をこの動画の中にみっちりと盛り込みました」。

「6秒」という時間的な制約を逆手にとり、12話のシリーズを展開。各話も全体のストーリーの流れを意識し、裏設定、キャラクターの性格や話し方、衣装をしっかり作り込むことで「通常の6秒動画」以上の密度のある表現を目指した。

観てもらえればわかりますが、
本当に細かい部分までちゃんと
作り込まれています。

登場人物インタビューみたいな
ページもあったりして、まさに昼ドラというより
映画さながら。

こういったものって、中途半端だと
途端に「チープ」で「つまらない」ものに
なってしまうけど、
ここまで徹底して作り込まれていると、
グッと引き込まれてしまいます。

制作は大変だったと思うけど、
楽しんで作られた感がいっぱいで、
思わず一気見してしまいました。

一つの商品のプロモーションのために、
ここまでのものを作り上げるなんて、
明治製菓って「遊びゴコロ」のある会社だわ。

お読みくださっている「大人」のみなさま。
甘くないチョコが食べたくなったら、
この商品をお勧めしますよ。

そして、「あっという間」に全話観られる
プロモーションサイトを見ながら食べると
より美味しく感じるハズです。

お試しあれ!!

では!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする