実は大人も楽しめる?レゴランドお台場がオススメ※注意点アリ

どーも、ミスサタです。

最近、6歳と3歳の娘たちが
取り憑かれたようにレゴに
ハマっていまして。

「3度の飯よりレゴが好き」みたいに
なっちゃってるので、
これは連れてってやるしかないな
ということで行って来ました。

レゴランドお台場
※名古屋は遠いし。

いきなり結論ですが、
ここ、レゴ好きなお子さんがいるので
あれば連れてって損はないです。
子供たちのテンション
間違いないく上がりますから。




では早速、子供たちが喜んだ
レゴランドお台場の

「テンション上がりポイント」

ランキング形式でどーぞ

第4位:レゴ ニンジャゴー シティ アドベンチャー

『レゴ®ニンジャゴー』の世界観をテーマに、最強の“忍者”を目指す体験型アトラクション!
「ニンジャ道場」を舞台に、様々なカラクリを体験しながら、飛んだり跳ねたりカラダを思いっきり動かして遊べます。
反射神経を鍛えるマシーンや壁から発射されるレーザー光線をよけながら進むマシーンでトレーニングしたり、さらに、レゴ®ブロックで作品作りにチャレンジするコーナーがあったりと、創造力も育むアトラクションとして展開。
ご自身の“忍者”の素質が分かり、ご家族で一緒にお楽しみいただけます。


レゴランド公式ホームページより

いわゆるアレです、登ったり降りたり、
飛んだり跳ねたりする室内遊具。
子供ってこういう体を動かす遊具が大好きですからね。
確実にテンション上げてくれます。

ここは時間制で10分経ったら
次の組みに交代するシステム。
他の子もそうでしたが、
10分間休むことなくずーーーっと
はしゃいでました。

第3位:4Dシネマ


レゴランド公式ホームページより

これは大人も楽しめる!

上映時間約12分の4Dシネマですが、
完成度の高いストーリーと
それに合わせて、「風」「雨」「雷」、時には
「雪」などが実際に降ってくる
臨場感たっぷりの演出で映画の世界に
ググッと引き込まれます。
※映画によっては少しだけ濡れる可能性あり。

適度に子供が参加できるような
ストーリーになっていたりと
なかなか良くできています。

子供たちと同じように、
親である自分たちも普通に
テンション上がってました。。

ちなみに、この日は2種類の
映画が交互に上映されていましたが、
あまりに面白かったので
どちらも観ちゃいました。。

劇場内はこんな感じ。

子供に振り回され疲れ果て、
このいい感じの暗さを利用して隙あらば寝てやろうとする
親御さんの姿もチラホラw

第2位:キングダム・クエスト

これは家族全員で楽しめるやつですね。

ライド系のアトラクション。


レゴランド公式ホームページより

捕らえられたプリンセスを
助けるべく、
次々出てくるガイコツ戦士を
銃でバンバン打ち破りながら
進んでいきます。
まぁ簡単な設定で
所要時間も約4分と短いけど
子供たちはもう夢中で大満足!
定員は5名なので、
4人家族なら1台に乗り込めます。

ちなみに、
ガイコツ戦士をどれだけ倒したかが
表示されるんですが、、
我が家の総計13万。

目安表によると「勇者」らしいっす。




第1位:マーリン・アプレンティス

栄えある1位に輝いたのは
こちらもライド系アトラクションの
マーリン・アプレンティス!!


レゴランド公式ホームページより

メリーゴーラウンドのように
回りながら上下動する乗り物なんですが、
ペダルを漕げば上昇し、休むと下がる。
なかなか体力がいる乗り物ですが、
子供たちはそりゃもう大はしゃぎ。

テンションを上げるコツは
漕いでは休み漕いでは休みを繰り返すこと。
そうすることで
上下動が激しくなります。

ちなみにこれ、大人同士では乗れません。

大人は疲れるけど、
子供たちウケはピカイチでした。

番外編

ここも地味に見入っちゃいました。
全てレゴで作られた東京の街。
照明が昼から夜を演出してくれて
なかなかいい雰囲気。

それにしてもよく作ったなコレ。

生協で買うチケットが安くてオススメ

レゴランドお台場は、当日券では3,000円かかります。
楽しいけど、
正直3,000円は高いかな。。

今回我が家は「生協」でチケットを
買いました。

そう、生協でチケットを買えば
大人一人当たり1,300円で楽しめます。
オンライン前売りよりも遥かに安い。

色々調べましたがこれが一番安いらしいです。

当然生協会員じゃないと
購入できませんが、
知り合いに頼むなどして購入するのも
いいと思います。

レゴランド、これに気をつけよう

手軽に楽しめるレゴランドですが、
気になるコトも少し。

食事はイマイチかな。。

食事できる場所↓
こんなスペースですが、

ここは軽食メインなので
あまり期待しない方がいいです。

椅子もそれほど多くないので、
昼にはすぐに満席になってしまいます。

レゴランドお台場は
年間パスポート以外は再入場不可なので
お昼を外で食べに出る、なんてことは
できません。

施設が入っている
デックス東京には飲食できる場所も
たくさんあるので、
昼に入場する場合は、
昼食を食べてから入場するか、
出てから食べた方が良さそうですね。

まとめ

子供達は約半日遊びまくって
帰りの車では疲れ果てて寝ちゃうほど
大満足だったみたい。

よかった。。

行ったのは3連休の真ん中なのに
それほど混雑してなかったし、
手軽にテーマパークっぽいところで
遊びたいって人にはイイんじゃないかな。。

ただし、ディズニーランドとか
USJとかと同じレベルで考えちゃダメです。
名古屋のレゴランドは分からないけど、
あくまでココは室内のテーマパークなので。

レゴブロックって大人でも楽しめるけど、
テーマパークとなると、
楽しめるのは小学校3年生くらいまでかな。。

周りの子供たちを見ても
小学校高学年の子はいない感じ。

お子さんが小学校低学年で、
レゴにどハマりしていれば、
ここは夢のような空間。

今度のお休みに是非行ってみては
いかがでしょーか?

では!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする