一生使える。吉田カバンのトートバッグ「ニューライナー」は名品。

どーもミスサタです。

わたくし、人間としてのタフさがないせいか、ついつい持ち物にはタフさを求めてしまいます。。今日はそんな私の持ち物の中でもずいぶんと長いこと活躍してくれているアイテム。

吉田カバンのニューライナートートバッグのお話。

いきなりですがコレ、めちゃめちゃいいんです。持ち物に何を求めるかは人によって違いますが、「丈夫で洒落てて使いやすいカバンが欲しい」という方には自信をもってオススメします。




このブログでもポーターのヒートや、ブリーフィングのネオ・トリニティライナーなど、タフで使いやすいアイテムをいくつか紹介していますが、今回紹介するこのトートバッグも負けず劣らず超タフガイ!

まずはモノを見てください。

THE・トートバッグという形ですね。まぁデザイン云々のことは後で書くとして、何がスゴいって僕のこのカバン、こう見えて

使用12年目!!

12年選手です。タフ中のタフです。以前紹介したポーターのヒートや他のカバンも併用していたので、365日毎日ってわけじゃありませんが、12年経ってもこの状態です。

当たり前のように永年使用していますが、なんでこんなに長いこと活躍してくれてるのか?この機会にちょっと掘り下げてご紹介してみたいと思います。

ロングライフな理由1:素材の耐久性がハンパじゃない。

まぁ、言っちゃえばコレが全てですね。
長く使えるってことは、物理的に「壊れない」ということですから。

メイン素材で使われてるのは、耐久性の高いナイロンメッシュ。さらに、防水シートなどにも使用され、これまた耐久性に富んだ塩化ビニールでコーティング(PVC加工)されてます。

どういうことかと言うと、水に強くて汚れにくく、摩擦に強く引っぱりにも強い。なのに通気性がある。というコトです。スーパーヒーローみたいな素材ですが、本っ当にタフ。

写真みてもらえば分かると思いますが、多少の傷や汚れはあるものの、変形やヘタりは一切ありません。

思い返せば散々無理な使い方もしました。。2泊3日の旅行に持って行き、破れてもおかしくないくらいパンパンになるまで荷物を詰め込んでみたり。炎天下に置きっぱなしにしたり。(かなり熱くなるので注意)雨に濡れても水滴拭かずに放置したり。外で酔っぱらって枕にして寝てみたり。。

そんな雑な扱いを受けてきたこのニューライナーですが、ビックリするくら傷つかない。破れない。汚れない。とにかく壊れない!トートバッグで壊れやすい底面もほとんど傷ないです。

ていうか、、あまりにも目立った傷やヤレがないので、むしろ12年使用してるっていうリアリティがないのが逆に嫌ですが。。このブログに決してウソはありません。

ロングライフな理由2:シンプルデザインで飽きない。

なんだろう。ポーターのヒートのレビュー記事と同じような内容になってきたけど。。シンプルで質がいいとやっぱり長く使えるんです。このニューライナートートもシンプルデザインの極み。

とにかく気持いいくらい無駄な装飾がない!
余計なものを削って削って最終的にこの形になった。って感じのデザインですね。だからか、決して大きくないニューライナーのロゴがワンポイントですごく効いてます。

色はネイビー、カーキ、ブラックの3色の展開(私のがネイビー)ですが、どの色も少しだけ光沢があり、ナイロンメッシュの品の良い素材感とあわせて、「良いモノ感」があります。
大きさも良く考えられた嫌みのないサイズなので、あらゆるシーンに絶妙にハマります。

さらに、機能面も超シンプル。

まぁ、これは直接ロングライフの理由ではありませんが、機能的な部分がそのままデザインに直結しています。たとえばこの「エクスパンダブル機能」。

サイドから底部にあるファスナーを開閉することで、マチを拡大し、簡単に容量を増やす事ができます。荷物が多くなってしまうときなどは非常に便利です。

ちょっと実験してみました。
洋服をパンパンに詰めた、そこそこのサイズのエコバッグ2個を入れた感じです。

(通常時)
さすがにちょっとパンパン。

(エクスパンダブル)
型がキレイになり、容量的にもだいぶ余裕ができました。

改めて見ると、これ、素晴らしい機能ですね。

ここでスペック的なコトを少し。

(幅)360mm〜450mm

(高さ)370mm

(奥行)130mm〜210mm
※幅と奥行きはエクスパンダブルで可変




ポケットは2つ。すべて内側についています。A4サイズも収まる大きめコチラ、

それと小さめのコイツ。
ラベルはボロボロですね。。

以上。。

ポケットの数は少ないですが、容量がしっかりあるので、困った事はないです。

ロングライフな理由3:活躍できる幅が広い。

素材自体はカジュアルですが、カラーがシックなので、キレイ目からカジュアルまで、どんな格好にもハマります。たまにスーツに合わせている人(黒が多い)も見かけますが、個人的にはジャケットスタイルとの相性が一番良いかなと思います。

ファッションだけじゃなく、天候に左右されずにガンガン使用できるのもこのカバンのいいところ。革製品のように雨を気にしなくてもいいし、濡れたら濡れたでハンカチで拭けばすぐに乾きます。水に強い塩化ビニールでコーティングされているので、雨が中までしみてくるなんてこと絶対にありません。自分の場合、雨降ったら大抵コレです。

ちょっと改善してほしいポイントも少しだけ。

自分にとって、ほぼパーフェクトな機能とデザインですが、あえて改善希望をあげるとすれば、内側のポケットでしょうか。
特に大きいポケット。ここには仕切りが一枚ほしい。A4サイズが収まるといっても、ここに書類やファイルを収める事はなく、だいたい細かいモノをポイポイいれちゃうので、大きなスペース故に必要なときにサッと取り出せない事があります。

あと、他の方のレビューにありましたが、トートバッグにありがちな
「知らない間にバッグが全開になってる問題」。これについてはベルトで固定できるようになっているので問題なしです。

コレ。

まとめ

いかがでしょうか?長年使用したユーザー目線でレビューしてみましたが、レビューしてる自分が、「改めていいわ」と思ってしまいました。。

革製品のような「経年変化」みたいなものはありませんが、丈夫で長ーく使えるので、ライフスタイルの変化があってもずっと使い続けられると思いますよ。

価格は税込で21,600円。素材やデザインを考えれば、決して高価ではないと思います。吉田カバンを取り扱うお店なら大体置いてあると思うので、気になったら是非チェックしてみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました〜!

では!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする